★闇の伴走者 PARTNER IN DARKNESS (WOWOWプライム) 毎週土曜日午後10:00 全5話★

【キャスト】
❖水野優希…松下奈緒 *EKリサーチの調査員
❖醍醐真司…古田新太 *フリーランスの漫画編集者
❖阿島文哉…ベンガル *漫画界の巨匠

❖阿島淑子…真野響子 *アジマプロ社長
❖小澤幸秀…要潤   *アジマプロのライツ部 部長
❖竹内康介…前野朋哉 *アジマプロの社員
❖一峰馨…田中哲司  *英人社の副編集長

❖望月秀正…石丸謙二郎*英人社の専務
❖貝原章彦…平田満  *謎の漫画家
❖戸村和也…池田鉄洋 *人気漫画家
❖矢島友之…森本レオ *矢島スーパー取締役

❖水野和江…藤田弓子 *優希の母
❖寺田幹男…野間口徹 *優希の夫 税理士
❖江藤健介…モロ師岡 *EKリサーチ所長
❖マスター…温水洋一 *喫茶店のマスター

❖室谷祥子…藤井美菜 *グラフィックデザイナー(35年前の失踪者・園田貴美子と2役)
❖園田貴美子…藤井美菜

【ストーリー】
❖第1話《恐怖を克服する》4月11日(土)!
巨匠で人気漫画家・阿島文哉の一周忌に未発表作品が発見される。
作画は阿島そのものだが物語は35年前の未解決連続女性失踪事件に酷似していた。

元警察官で調査員の水野優希は真偽を判別するため、奇才だが大食漢の漫画編集者・醍醐真司に協力を仰ぐことに。
醍醐は漫画の背景や道具の種類から描かれた年代と作者を推理していく。
やがて2人は漫画の中に主人公である殺人鬼の犯罪を目撃していた人物がいた事に気づいてしまうのです!

❖第2話《常に感覚を研ぎ澄ます》4月18日(土)!
続編があるとにらんだ醍醐はアジマプロの小澤と管理室で新たな画稿を探していた。
優希は人気漫画家・戸村たちから、最も阿島に似た絵を描けたのは森田だと聞き出す。
凶暴性があり人殺しの目をしていたと一峰も口をそろえる。

一方、35年前の未解決事件と似た失踪事件が発生していた。
続編は見つからなかったが、醍醐は森田の住居を突き止め優希と訪ねる。
だが新事実を知り、2人は愕然とする。

スポンサードリンク


スポンサードリンク


闇の伴走者の原作の結末をネタバレ!犯人は?

❖第3話《裏切りを恐れない。凡人は必ず裏切るから》4月25日(土)!
醍醐は、漫画家・斑目虹太の完璧な遺作を見て首をかしげた。
非公表だったが斑目は数年前から病気でペンを持てなかったはず。
それに、あの未発表の漫画との共通点もあった。

優希は、35年前の失踪者・辰巳晶子が実は詐欺師で被害者には餓死した人もいたという情報をつかみ、
その辰巳と似た女性があの漫画の中に潜んでいたことも気づいた。
数日後、ある人物が遺体で発見される。
そして優希も忽然と姿を消してしまう!

❖ドラマも次回は第4話!《ほめ言葉や賞賛に動じない。賞賛は、いじめや悪意以上に人を滅ぼす》
漫画通りなら次のコマは埋葬だ!
優希の行方を追っていた醍醐は、小澤宅の地下室から噛み砕かれた鉛筆と女性が描かれたクロッキーを見つける。

その絵の女性と行方不明から数日後に帰宅した室谷祥子が同一人物だとにらんだ醍醐は、
祥子から犯人を聞き出し、漫画のヒーローのように巨体を揺らせて走り続けた。

一方、手首足首にロープを巻かれて身動きできない優希は漫画家の正体を知り、
「朝日が昇る前に殺される」ことを悟った!

❖最終話…死を恐れない!

【原作の紹介】
◆長崎尚志によるミステリー小説『闇の伴走者―醍醐真司の猟奇事件ファイル―』のドラマ版です。

35年前の連続女性失踪事件と発見された漫画原稿の奇妙な一致から全ては始まった、
伝説の漫画原作者による前代未聞のミステリーです!

漫画界の巨匠が遺した未発表原稿。発見された50枚の原稿には、若い女性を誘拐・監禁し、
苦悶する姿をデッサンして殺害する“漫画家”なる人物が描かれ、
さらには、作中の被害者の顔は、35年前の連続女性失踪事件で消えた女性に酷似していたのです。
果たしてこれは巨匠本人が描いたものなのか?

別人だとすれば誰が、何のために?作者は現実に女性を次々に誘拐し殺した犯人なのか・・・
原稿に遺された痕跡が新たな猟奇事件を招き、驚くべき犯人像が浮かび上がるが…。
二転三転から、ありえない結末へ。伝説的名作『MASTERキートン』原作者の一人。
漫画界のカリスマだからこそ書けた驚愕のミステリー長編です。

◇謎の連続不審死。真相解明に乗り出した編集探偵・醍醐真司が読み取ったのは、
ある人間の剥き出しの欲望と、天才ゆえの悲劇の真実だった!
驚愕のラストまで、息継ぎ不能で脳内フル回転!

スポンサードリンク