★『2015年 母の日』 5月10日です! プレゼントはもう決まってますか?★

5月の第2日曜日は「母の日」です。
今では誰もが知っている一大イベントですが、母の日を祝う習慣はどのようにして生まれたのでしょう?

よく知られている説は、100年ほど前のウェストヴァージニア州で、アンナ・ジャービスという女性が
亡き母を追悼するため、1908年5月10日にフィラデルフィアの教会で赤いカーネーションを配ったのが
始まりというものです。

そして1910年、ウェストヴァージニア州知事が5月第2日曜日を母の日にすると宣言し、
アメリカ全土に広まっていき、1914年には5月の第2日曜日が「母の日」と制定されました。

ちなみに、日本で初めて母の日のイベントが行われたのは明治末期頃です。
1915年(大正4年)には教会で行事が催されるようになり、徐々に民間に広まっていったようです。
意外と古くからあるのですね。

イギリスはイースター・サンデーの2週間前の日曜日で、スペインは5月の第1日曜日、大韓民国は5月8日
イタリアやデンマークはアメリカや日本と同じ5月の第2日曜日、ロシアは11月の最終日曜日です。

母の日の花としてすっかり定着したカーネーション。
母性愛を象徴するカーネーションは、聖母マリアが涙した後に咲いた花と言われ、
カーネーションの中央部の赤色は、キリストの体から散った血の色とも伝えられています。

カーネーションの花言葉は、色によって異なります。赤は「真実の愛」、白は「尊敬」、ピンクは「感謝」を
意味すると言われています。
ギフトの需要調査によると、母の日全体で動くプレゼントの総額は、クリスマスをも超えるそうです。

スポンサードリンク


スポンサードリンク


2015年の母の日のギフトで花以外のオススメは?

◆スイーツ
❖アンリ・シャルパンティエのクレーム・ビスキュイ2,700円
お母さんへのメッセージをフードプリントで込めたクレーム・ビスキュイです。

ラムレーズン入りのバタークリームをサンドしたクレーム・ビスキュイに、
フィナンシェとマドレーヌを詰め合せたギフト。
クレーム・ビスキュイに、「お母さん、ありがとう」のメッセージをプリントした母の日特別仕様です。

❖おとりよせチョコスーツ部門第1位 住吉屋のとろけるショコラ 15個入 2,328円(税込2,514円)
※名入れ、メッセージ入れのスイーツはイッパイあります!

◆体験型カタログ(5,000円~20,000円)
*両親のデートにピッタリのお出かけカタログ
*頑張っているお母さんに寛ぎを贈りたい「個室スパ&エステ」

*ボディケアやヨガ、乗馬など女性向けの体験が詰まったカタログなど
※母は、中々じぶんのためにお金を使わないので、贅沢をプレゼント!

◆コーヒーメーカー 8,572円
【エコ&システムパック付き】ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ。

◆手作りプリザアレンジを贈る!手作りキット 3,480円
母の日に贈る プリザーブドフラワーです。
※手作りのプレゼントは感動です!

※もちろん、子供からプレゼントを買ってもらったり、作ってもらったり…
一生懸命に自分のために考えてくれたんだな~と思うと、本当に嬉しいですよね。
何を貰っても“宝物”です。

でも、何もプレゼントが無くても、顔を見せに来てくれたらどんなに嬉しいか、
それが無理なら電話で声が聴けるだけでも、メールだけでも!要するに母は、何でも嬉しいんです!

スポンサードリンク