*第15回『イタリア映画祭2015』Festival del Cinema Italiano 2015 OSAKA*
★日本未公開の最新のイタリア映画7本を一挙上映!★

2001年の春に始まった「イタリア映画祭」は今年で15回目を迎えることになりました。
新しいイタリア映画をバラエティー豊かなラインナップで紹介する映画祭は、
ゴールデンウィーク恒例のイベントとなり、毎年1万人を超える観客が訪れています。

今回は2013年以降に製作された日本未公開の新作を大阪で7本を上映します。
また大阪では短編1本もご紹介します。

【開催日程】
2015年5月9日(土)・5月10日(日)

【開催場所】
ABCホール(大阪市福島区福島1-1-30)

1

出典元:http://www.asahi.com/italia/2015/flyer_osaka.pdf

【最寄駅】
阪神本線「福島駅」から徒歩5分、JR東西線「新福島駅」から徒歩5分
JR環状線「福島駅」から徒歩7分、京阪中之島線「中之島駅」から徒歩7分
JR「大阪駅」から徒歩15分

【問い合せ】
~5月10日050-5542-8600 (ハローダイヤル)

【上映スケジュール】
◇すべて日本語字幕付きの上映です。上映は各回入れ替え制、定員300名、開場は上映20分前です。

◇5月9日(土) 18:15~
『ザ・ワンダーズ(仮題)』の回は、本編前に短編『カンツォーネ』を上映します。

◇5月10日(日) 11:00~
『僕たちの大地』の回は、上映後に野村雅夫さんによるトークショーがあります。入場無料です。

❖5/9(土)
12:30~ G『レオパルディ』
15:45~ C『いつだってやめられる』
18:15~ 短編 h『カンツォーネ』+Y『ザ・ワンダーズ(仮題)』

❖5/10(日)
11:00~ H『僕たちの大地』
13:50~ J『生きていてすみません!』
16:20~ B『人間の値打ち』
18:50~ A『幸せの椅子』

スポンサードリンク


スポンサードリンク


イタリア映画祭2015(大阪)の日程と開催場所!チケット情報

【チケット情報】
*前売券をお買い求めの方へ
【発売日】
4月4日(土) 10:00から

【購入方法】
①お近くのチケットぴあ窓口で直接購入
②セブン-イレブン、サークルK・サンクスで直接購入

③電話予約後、店頭で受け取り
チケットぴあ/音声認識予約:0570(02)9999
④インターネットで購入 http://t.pia.jp/cinema
Pコード:1回券=554-073

【注意事項】
◆前売券の電話予約は各上映の5日前までです。
◆直接購入は各上映の2日前までとなります。
◆前売券の払い戻し、交換、再発券はできません。

◆当日券は、その日の上映分を、9日は11:00から、10日は10:30から発売します。
◆前売券が完売の回も、当日券を発売します。
◆高・専・大生、60歳以上の方は、来場時に必ず身分証明書が必要です。

【入場料】
2

【作品紹介】
*『レオパルディ』
監督…マリオ・マルトーネ

マルトーネ監督の新作は、19世紀を舞台に大詩人、ジャコモ・レオパルディの激しい人生をたどる。
幼い頃から神童ぶりを発揮するジャコモだが、身体に障害があり、詩人として不遇な人生を送ったとされる。

だが映画は、自由と愛を希求し、いつまでも親友に支えられて幸せな時間を過ごした姿も色濃く映す。
詩人役のエリオ・ジェルマーノが圧巻の演技を披露。ヴェネチア国際映画祭コンペ部門出品。

*『僕たちの大地』
監督…ジュリオ・マンフレドニア

マンフレドニア監督の新作は、協同組合に実際に起きた出来事を基にしたコメディー。
南イタリア、プーリアの小さな村では、マフィアから接収した土地で協同組合が有機農業を始めようとしていた。
助けを請われて、反マフィア活動に取り組むフィリッポが協同組合に加わる。

フィリッポと仲間たちの前に様々な問題が立ちはだかるが、乗り越えて目標に向かっていく。
マフィアの脅しに屈せず、自分たちの土地を守ろうとする人々の勇気が胸を打つ。

スポンサードリンク