*その日、男たちは自ら逃げ道を絶った。 プレミアムドラマ 4月12日・19日・26日(日)*
★『リキッド~鬼の酒 奇跡の蔵~』午後10:00~10:50分★

◆大赤字を抱えた老舗酒蔵の一人息子が、蔵存続のために一念発起する!

【出演者】
❖相楽 修一…伊藤 英明
元エリート銀行マン。母の死、地方の食品メーカーへの片道切符の出向、妻子との別居。
崖っぷちに追い込まれ、潰れかけた実家の酒蔵を継ぐと決意する。

❖鷲尾 勇作…津川 雅彦
「鬼」と呼ばれる伝説の名杜氏。米の旨味を極限まで引き出す名人技を持つ。
加賀の小さな酒蔵の酒を、全国でその名が知られる地酒にまで育て上げた。

❖相楽 直木…柄本 佑
修一のいとこにあたる。父は優秀な酒造り職人だった。
中学生のときに受けた激しいイジメが原因で、吃音になってしまった。最後に修一の酒蔵を頼ることになる。

❖轟 勝久…渡辺 いっけい
勇作が長年杜氏を務めてきた、加賀を代表する轟酒蔵の蔵元。
引退した勇作が、相楽酒造の杜氏になったことを根に持ち、相楽を敵視するようになる。

❖国重 五郎…石橋 蓮司
伝説の米作り農家。酒米「石川門」を有機無農薬で作ることに情熱を傾けている。
勇作とは長年の盟友でもあるのだが、あることを巡って反目していた。

❖相楽 好枝…松原 智恵子
ガンが見つかり、余命3 か月であることが分かる。銀行マンだった修一には、もう蔵は閉めて欲しいと頼む。

❖鷲尾 タエ…星 由里子
勇作の妻。酒造りの数か月、家をあける夫のために留守を守ってきた。一人息子を失った苦悩を抱えている。

❖鈴原 洋次…甲本 雅裕
家族と離れて、大阪でホームレスをしていた。再起をかけてやってきたのが相楽酒造だった。

❖清水 真衣加…関 めぐみ
東京でソムリエールをしていた。上司との不倫に嫌気がさした時に相楽酒造の求人を見つける。

❖田島 直太朗…深水 元基
料理人として修業を積んでいたが、態度が悪いとクビになった。元ヤンキー。実は直木とは同級生。

❖谷田 幹二…大高 洋夫
長年、相楽酒造の杜氏を務めてきたが、酒造りは手抜きで、私腹を肥やしていた。
勇作が杜氏になったことで蔵人におさまるが、轟酒造の嫌がらせの片棒を担ぐことになる。

スポンサードリンク


リキッド〜鬼の酒 奇跡の蔵〜!ネタバレと最終回の結末を予想

【原作は?】
原作はなく源 孝志さんの脚本・演出によるものです。
この物語の着想を得た十年前の冬、脚本を書くため白山山麓にある酒蔵で長逗留されたそうです。

【あらすじ】
「鬼」の杜氏・勇作に「食われてもかまわない」と覚悟を決めた修一だったが、
勇作の理想の酒造りのため、さらに借金を背負うことになる。

うらみを持つ名門酒蔵の蔵元・轟勝久からの妨害も受け肝心の酒米が手に入らない中、
勇作が最後の頼みにしたのが米作りの名人・国重五郎。
だが五郎と勇作の間には、妻タエをめぐる忘れがたい出来事があったのだ。

酒造りに励む蔵人の中で、思いの深さを杜氏の勇作に感じさせたのは直木だった。
やがて勇作は直木に亡くなった自分の息子の面影を重ねるようになる。
実は息子は、自ら命を絶っていた。直木と酒造りに励むことで心を癒やしていく勇作。

だが、蔵の命運をかけた大吟醸の仕込みのさなか、酒母が異変をきたし、激しく泡立ちはじめる。
男たちが醸した一滴の「リキッド」。蔵の再生の行方は?

【主人公・相楽修一役 伊藤英明さん コメントです!】
脚本を読んであたたかさを感じました。主人公はある日、人生が一気に変わり、もがき苦しむ事になります。
でもその中で、本当に大事なものに気づかされていきます。

もう一つ大切だと感じているのは、伝統的な酒造りを描くことで、
古き良き日本の魅力を伝えることです。ドラマをご覧いただいた方に、
「あの男たちの造る酒を呑んでみたい!」と思っていただけるようなドラマにしたいと思います。

このコメントからも“酒造りは成功する!”と思いますね。
そして、主人公だけでなく、酒造りに関わった人たちの心のわだかまりも無くなることを期待してます。

スポンサードリンク