イタリアを国外で紹介する総合プロジェクトとして始まったのが、
「日本におけるイタリア2001」。
これをきっかけに、同年春に始まった「イタリア映画祭」も今回で15回目を迎えます。

今回は2013年以降に製作された新作14本に加えて、旧作1本と短編9本を上映。
旧作は、2010年ヴェネチア国際映画祭コンペ部門出品の『ラ・パッショーネ』。
現代のイタリア映画に欠かせない存在だったマッツァクラーティ監督を追悼して、
特別上映作品として5月5日に上映されます。

会期:2015年4月29日(水・祝)~5月5日(火・祝)
会場:有楽町朝日ホール
住所:千代田区有楽町2-5-1 マリオン11階

上映日程

4/29(水・祝)
12:00~ 『緑はよみがえる』
14:30~ 『ラスト・サマー』
17:30~ 開会式 ・『レオパルディ』

4/30(木)
10:20~ 『スイミング・プールの少女』
13:05~ 『生きていてすみません!』
16:00~ 『いつだってやめられる』
18:40~ 『黒い魂』

5/1(金)
10:20~ 『僕たちの大地』
13:10~ 『幸せの椅子』
15:50~ 『われらの子供たち』
18:30~ 『カプチーノはお熱いうちに』

5/2(土)
10:20~ 『人間の値打ち』
13:20~ 『神の恩寵』
16:15~ トークセッション【入場無料】
18:30~ 短編『カンツォーネ』・『ザ・ワンダーズ(仮題)』

スポンサードリンク


イタリア映画祭2015(東京)の日程と開催場所!チケット情報

5/3日(日・祝)
10:20~ 短編 『国境』・『黒い魂』
13:20~ 『レオパルディ』
16:20~ 短編『花嫁としての私の務め』・『スイミング・プールの少女』
18:50~ 短編『戦争の幕開け』・『緑はよみがえる』

スポンサードリンク


5/4(月・祝)
10:20~ 短編『パニック計画』・『生きていてすみません!』
13:20~ 短編『ジロトンド』・『いつだってやめられる』
15:55~ 『人間の値打ち』
18:25~ 『神の恩寵』

5/5(火・祝)
10:20~ 短編『イタリアの奇跡』・『われらの子供たち』
13:10~ 短編『田舎のイタリア』・『僕たちの大地』
15:45~ 短編『トゥビオロと月』・『幸せの椅子』
18:10~ 『ラ・パッショーネ』

入場料(税込)
※前売券・当日券共に全席指定

前売券(日時指定)
一般         1,450円 (『ラ・パッショーネ』 1,100円)
学生・60歳以上    1,350円 (『ラ・パッショーネ』 1,000円)

当日券(日時指定)
一般         1,700円 (『ラ・パッショーネ』 1,400円)
学生・60歳以上    1,600円 (『ラ・パッショーネ』 1,300円)

前売券について
前売券の購入には別途手数料などがかかります。
詳細については、「チケットぴあ」のサイトまで。

チケットぴあ/音声認識予約:0570(02)9999
インターネットで購入 http://t.pia.jp/cinema
Pコード553-999 / 『ラ・パッショーネ』554-000

注意事項
前売券の電話予約は各上映の5日前まで
直接購入は各上映の2日前まで
前売券の払い戻し、交換、再発券はいたしません。

当日券はその日の上映分を9:30(4月29日は11:00)から発売
前売券が完売の回も、当日券を発売
高・専・大生、60歳以上の方は、来場時に身分証となるものが必要です。

スポンサードリンク