*恋も、人生も、こじらせてます。心が病んだ大人たち4人を軸としたラブコメディ*
★フジテレビ『心がポキッとね』 4月8日(水)夜10時スタート!★

主題歌】
星野源さん、初の連ドラ主題歌決定!阿部サダヲさんを援護射撃します!
❖音楽家、俳優、文筆家など、幅広い活動を続ける星野源さんのニューシングル「SUN」(スピードスターレコーズ)が、
主題歌に決定しました!連続ドラマの主題歌を担当するのは今回が初めてです。

星野 源(ほしのげん)は、1981年1月28日生まれ。埼玉県蕨市出身。
インストゥルメンタルバンドSAKEROCKのリーダーとして、主にギターとマリンバを担当されています。
所属はカクバリズム/SPEEDSTAR RECORDS(音楽業)、大人計画事務所(俳優業)。
ライターとしても多数の連載を抱えているというアーティストです。

俳優としては、13年に初主演映画『箱入り息子の恋』、映画『地獄でなぜ悪い』に出演し、
第37回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞って凄い!多才な人ってこういう人なんでしょうね。

❖今回の主題歌に対する星野源さんのコメントです。
壊れそうになりながらも必死に生きる人々が、全てを忘れて楽しく踊りまくる姿を想像しながら作りました、との事!
主題歌のオファーを受けてから、台本を読み込んで書き下ろしたという「SUN」は、
春の季節に心も体も自然と踊り出す、ダンスナンバーです。

希望の光が差していくような世界を描いた歌詞も、魅力的な楽曲。
「SUN」が、『心がポキッとね』をどう彩ってくれるのか乞うご期待!

スポンサードリンク


【心がポキッとね、のロケ地は?】
*どうやら、「心がポキッとね」の舞台が吉祥寺だというのです。
特にその中でも井の頭公園で多くの目撃情報が寄せられているみたいです。

*やっぱり、「心がポキッとね」は吉祥寺の井の頭公園がロケ地!という情報が多いですね~

スポンサードリンク


心がポキっとねの主題歌とロケ地は?1話ネタバレとあらすじ

【1話 あらすじ】
小島春太は、アンティーク家具倉庫の住居スペースで目を覚ました。
いつものように瞑想ガイダンスを聞き、深呼吸をし、身支度を整えて出かけていく。
大竹心が社長を勤める家具店「リオ ボニート」だ。

家具の修理担当として働く春太に、店員の糸山が声をかける。
自分にお節介を焼く扶美が春太は苦手。店には、何も考えてなさそうな富田、やる気がなさそうな庄司もいた。

同じ頃、葉山みやこは、スーツケースを引いてアパートを出る。
悪態をついて階段を降り、そこらの物を蹴り上げる。
アルバイト先に来るが、店長からクビを言い渡される。
周囲を見回すと、人影が走り去るのが見えた。みやこは、その方向を睨み付けるのだった。

夕方、仕事を終えた春太は、以前から気になっていた「白神メンタル相談所」へ。
出迎えたのは、所長の白神。

また、その頃、空間コーディネーターの鴨田静は、完璧なディナーを用意し、
テレビでスポーツ観戦中の心に声をかける。
一瞬迷うが、心はテレビを消すと、料理を見て絶賛。静は、料理を写真に撮ると早速ブログにアップする。
心は断れないんだ・・・

カウンセリングを終えた春太は、公園の桜の木に目を留める。
そこには桜を見つめるみやこがいて、その美しさに春太は見とれる。
そこから、春太とみやこが出会うようだけど・・・

※4月8日の放送を待ちましょう!

スポンサードリンク