★三十段飾り千体の雛祭り★
*歴史的建物園に飾られるお雛様と合わせて、約6,000体の雛人形を展示します!

【開催期間】平成27年1月21日(水)~4月19日(日)
※版画美術館は5月31日(日)まで展示
※期間中無休です。
【時  間】午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
【会  場】須坂アートパーク(世界の民俗人形博物館・須坂版画美術館)
【お問合せ】世界の民俗人形博物館 TEL026-245-2340

❖「三十段の雛飾り」を世界の民俗人形博物館と須坂版画美術館の2館で展示します。

❖須坂アートパークとは
「恋人の聖地」として認定されているそうです。
自然に囲まれた須坂アートパークは、「世界の民俗人形博物館」「須坂版画美術館・平塚運一版画美術館」
「歴史的建物園」の3施設の総称です。

●世界の民俗人形博物館
〒382-0031長野県須坂市大字野辺1367-1
TEL:026-245-2340 FAX:026-245-2341

地元出身で、多くの優れたデザイナーを発掘し、育成したことで有名な小池千枝氏(文化服装学院名誉学院長)
により寄贈された世界100数ヵ国の民俗人形およそ3,000体あまりを所蔵、公開しています。

小池千枝氏は、アジア・ヨーロッパ・中東・アフリカ・南北アメリカ・オセアニアの各地を巡り、
その土地の民俗衣装や表情豊かな人形を収集。民俗人形を通して、国々の文化や歴史、生活、ファッションを
より深く知る機会になるでしょう。

●須坂版画美術館・平塚運一版画美術館
〒382-0031長野県須坂市大字野辺1386-8
TEL:026-248-6633 FAX:026-248-6711

スポンサードリンク


三十段飾り千体の雛祭り2015の日程と場所!開催期限は?

須坂の版画家小林朝治の版画作品と全国の版画家たちの版画作品、
版画同人誌の寄贈を受けて1991(平成3)年に建設。

スポンサードリンク


大正期から昭和初期の版画作品を中心に、近代以降の版画作品を常設展示し、
版画芸術の魅力を紹介しています。
平塚運一版画美術館は、の生涯を通しての代表作により平塚芸術を紹介します。

*今年も人形博物館の30段飾りでは「ぼんぼりのハート」と「桜のハートの二重ハート」が観られます。
そして、版画美術館の30段飾りには善光寺のシルエットが出現!!

*人形博物館では4月19日(日)まで、版画美術館では御開帳に合わせて5月31日(日)まで開催します。
善光寺の御開帳と合わせて足を運んでみてはいかがでしょう!

*ひな人形の撮影は可能です。見事な「三十段ひな飾り」の前で記念撮影しましょう!
子供用に撮影用の着物も用意されているようです。

❖「恋人の聖地」とは
NPO法人地域活性化支援センターでは「少子化対策と地域の活性化への貢献」をテーマとした
「恋人の聖地プロジェクト」を展開しているそうです。

2006年4月1日から全国の観光地域の中からプロポーズにふさわしいロマンティックなスポットを
「恋人の聖地」として選定し、地域の新たな魅力づくりと、地域間の連携による活性化を図っています。
選定基準もシッカリあります!

①地域を代表する観光施設・地域であること。
②「恋人の聖地」銘板を設置することが可能なスペースがあること。
③継続的な展開を前提とした本プロジェクトの趣旨に賛同いただけること。

2013年1月で、恋人の聖地プロジェクトは、全国123ヶ所の恋人の聖地、36ヶ所の恋人の聖地サテライト、
海外3ヶ所の恋人の聖地と連携して展開しているそうです。

※お雛さまと、須坂市のデートプラン巡りも一緒に楽しんでみるのも素敵ですね!

スポンサードリンク